自由民主党 衆議院議員 さいとう健 Official Site

トピックス

素人外交が政治主導なのか?…尖閣問題に思う

やはり、大失態だと思います。

 さいとう健も、23ヶ月も難航した日米自動車交渉をはじめとして、多少の外交
交渉の経験がありますが、そういう目で民主党政権の外交を見ておりますと、基
本すらできていない。 まず、船長を逮捕して国内法を適用すると宣言した以上、
中国は絶対にそれを認められないわけですから、最悪の事態まで覚悟して、こと
に臨まなければなりません。

 中国が打ってくるであろう報復手段をいくつもシミュレーションし、それぞれ
の手に対して日本はこうするとまで準備して考えておくのが、外交の基本です。
今回の経緯を振り返ってみても、中国が強硬だったのでびっくりして船長を釈放
してしまったとしか思えません。何も考えずに逮捕したのかと唖然とするばかり
です。

 また、船長を釈放するにしても、裏ルートで落としどころを調整してから釈放
するのが、普通のやり方です。今回の経緯を見ると、民主党政権には、ルートす
らないとしか思えない。 一言で言えば、覚悟のないまま船長を逮捕し、相手国
と落としどころを探らずに船長を釈放して付け込まれ、しかもその責任を全て検
察に押し付ける。

 これはもう、素人の思いつきの外交以外の何ものでもありません。

 この事件が発生したのは民主党の代表選の最中であり、船長が釈放されたのは、
総理も外務大臣も訪米中で国内にいないときでした。いったいどれだけ詰めた検
討をした上での判断だったのでしょうか?

 内政のミスは、政権が代われば取り戻せます。しかし、外交のミスは、政権が
変わってもなかなか取り戻せません。野党のやれることは限られておりますが、
それでもなお、国会の場を通じて、厳しく政府を正していくことでその責任を果
たしていかねばならないと思い定めております。


御報告
これまで一年間、自民党の環境部会長をしておりましたが、このたびの人事で、
政務調査会の事務局長を拝命いたしました。石破茂会長-さいとう健事務局長の
ラインで、自民党の政策立案に当たります。

 また、国会では、花形委員会である予算委員会に所属することになりました。
環境委員会はこれまでどおりです。テレビ放映のある予算委員会ではときどき顔
が映るかもしれません。

 平成22年9月29日
衆議院議員 さいとう健


2010.09.29|考え方

メインメニュー

PRコンテンツ

各種情報