自由民主党 衆議院議員 さいとう健 Official Site

トピックス

「ひきこもり」対策の提言がまとまりました

 先日、さいとう健が座長代理を務めています、いわゆる「ひきこもり」の社会参画を考えるプロジェクトチームの提言が、自民党内でまとまりました。昨年12月からこれまで13回にわたり、関係者ヒアリングや議論を重ねてきました。

 いわゆる「ひきこもり」とされる方は115万人に上るとされ、それも若い方だけでなく40歳から64歳までの方は61万人強と、幅広い年齢層に広がっています。さいとう健は、とりわけ「ひきこもり」問題に関心を持っており、不安や生きづらさを感じている方やそのご家族の大変な日々を少しでも改善できないかと、プロジェクトチームを積極的に引っ張ってきました。

 いわゆる「ひきこもり」問題を、自己責任と片付けてはならない、社会全体で取り組むべき課題だと、さいとう健は考えます。その点を明確にし、多くの方の理解が広がるように、ひきこもり政策推進のための基本法を制定することを提言しています。その上で、全国の実態調査や支援策の総点検、官民や関係機関の連携強化による支援の徹底、家族支援体制の構築などを提言しています。

 検討中、さいとう健が特に気になった点は、「相談した相手にかえって傷つけられた」という、関係者の方々の生の切実な声でした。なので、意見を強く申し上げ、提言には、「心情理解した上で本当に寄り添える良質な支援者を一人でも多く増やしていくことが何よりも大事だ」と明記されました。

 昨日、孤独・孤立対策担当大臣の坂本哲志大臣に提言書を申し入れました。

https://www.saito-ken.jp/wp/wp-content/uploads/2021/05/01f7504f013b42e3911a39d378ebc2a0.jpg

https://www.saito-ken.jp/wp/wp-content/uploads/2021/05/25f805bd4316d70771194fce84b3a31a.jpg

 総理にも申し入れをしまして、政府内にひきこもり関係府省横断の会議を置く方向となりましたことは、予想以上の成果でした。
 提言には幅広く様々な具体的な支援策が明記されておりますので、ご興味のある方は是非、ご覧いただければと思います。

https://www.saito-ken.jp/wp/wp-content/uploads/2021/05/20b84d83e43e26c20d7902dc61300b2f.pdf

令和3年5月20日

元農林水産大臣

衆議院議員 さいとう健


2021.05.20|全件表示, 活動報告

メインメニュー

PRコンテンツ

各種情報